TOPICS

オーストラリアの魅力は広大な大地と街中の雰囲気及び国民性

オーストラリアについての記事です 日本の20倍の国土に2千1百万人程度の人口なので、人口密度はわが国の100分の1程度ですからオーストラリアの魅力を挙げるなら、まず第一に未開拓の国土が大量に残っていることでしょう。もちろん、その殆どが砂漠化した乾燥地帯で占められているので、直ぐに食料生産につながるわけでありませんが、石炭や鉱物資源に恵まれた地域だし、広大な土地を利用した酪農業やワイナリー等で外貨稼ぎできるお国柄なので、一人当たりのGDPは高い位置を占めていて、経済的に恵まれた国だと思います。

このように広大な大地を抱えた国なので観光産業を重要な成長産業に位置付けています。日本とは時差の少ない国なので旅行に出かけやすい国だし、狭苦しいわが国からシドニーやメルボルン或いはパース等の主要都市へでかけると、住宅事情の良さに目を見張る程ですから移住を考えたくなる人も多いはずです。各主要都市が自然の景観を観光の売り物にしているのでインフラや公共施設も整備されています。また、主要都市の中心市街地には広大な公園がいくつもあるので、ゆったりした街中の雰囲気とおおらかな国民性も魅力の一つだと思います。

日本と同様に周囲を海洋に囲まれた国で、熱帯雨林気候から温帯地域まであり、海産物資源の宝庫でもあり、グレートバリアリーフの保護に力を入れていることは有名ですが、グレートバリアリーフの海の色に魅せられて人生を考え直した日本人も多いはずです。

Copyright (C)2019オーストラリアについての記事です.All rights reserved.